03-3268-8116
ムサシノ広告社 TOP > コラム > 広告効果と集客力

COLUMN

広告効果と集客力

広告効果(広告の役割)とは、商品やサービスの情報を広く一般に宣伝して認知と関心の向上を図り、生活者の消費行動に影響を与えることにより、商品の販売促進や店舗・サービスなどの集客力を向上させることです。

集客できる宣伝効果

どんなに良い商品・サービスの広告でも、必要と感じない生活者にとっては意味の無いものになってしまいます。集客できる広告・宣伝とは、広告された商品や情報に対して興味を持ち、魅力を感じて、顧客となる可能性の高い生活者(ターゲット)に届く有効なメッセージです。 企業からのメッセージをターゲットに伝えることが購買行動のきっかけとなり、広告・宣伝の効果が発揮され、集客できる広告宣伝として効率良く顧客にアピールすることが可能となります。

正しいターゲット分析

刻々と変化する社会情勢や経済動向。移り変わる市場のニーズ。広告・宣伝の効果をアップするためには、ターゲットの行動を様々な側面から検証し、正しいターゲット分析を行うことが重要です。

効率の良い有効な広告とは

当社では、独自のマーケティングソリューションを最大限に活用して、効率の良い有効な広告計画をご提案します。 まずターゲットのライフスタイルをリサーチ・分析し、ターゲットの志向や行動に合わせた「効率的に到達する媒体」を選定。さらに費用対効果を勘案した上で、商品やサービスにマッチしたメディアを組み合わせます。そして各媒体の持つ特性を生かしたクリエイティブ表現により、広告のメッセージをターゲットに対して深く、効果的に届けることで、顧客のマインドの中で広告は存在感の高い情報となります。 効率の良い有効な広告が商品の販売促進や店舗・サービスなどの集客性の向上、企業のブランド力アップにつながるのです。 広告計画をより効果的に実施するためには、ターゲットとなる生活者との接触機会を増やすこと。そしてその広告に対して興味を持ち、自分にとって有益な情報であると感じられるように、メッセージをわかりやすく伝えることが重要であると考えます。 当社では77年の経験・実績と5つの独自マーケティングソリューションで企業のクロスメディア戦略と生活者のコミュニケーションをサポートいたします。

TOP