03-3268-8116
ムサシノ広告社 TOP > 取扱広告媒体 > テレビCM

取扱広告媒体

テレビCM

メディアの王様 テレビCM

テレビCMはあらゆる広告媒体の中で最大の影響力を持っています。高い普及率、公共の電波であることへの社会的信頼など非常に媒体価値の高い広告メディアです。幼児から高齢者まであらゆる年齢層の人が視聴するテレビの広告到達力とプッシュ力の強さはまさに「メディアの王様」と言えるでしょう。

テレビCMの特徴

テレビCMは15秒・30秒という限られた時間に商品や企業の魅力を織り込み、視聴者の想像力をかきたてる作品づくりが必要です。説明ではなく直感的なメッセージ力。それが当社に求められる「制作力」ということになります。当社は地上波テレビ局5系列全国127局、BS、CSを含めすべての放送局に広告を出稿することができます。広告対象の特性を分析し、お客様にもっともご負担の少ない形で適切なエリア/ターゲット/系列選定に絞り込んだ広告を行います。また昨今は広告をCM内だけで完結させるのではなく「続きはウェブで」などとウェブサイトへの誘導をはかるタイプの広告も増えてきています。このようなクロスメディアを行う際はテレビCMとウェブデザインのイメージを統一し、視聴者に違和感を与えないこと、テレビCMからの検索のしやすさ、視聴者が検索の結果たどり着くランディングページのコンテンツ内容など総合的な戦略が必要となります。当社は多くの媒体を取り扱う総合広告会社としてこのような戦略全体の企画立案から実施進行までをトータルで手がけております。

テレビCMの効果について テレビCMの費用について

テレビ広告の種類

スポットCM

番組と番組の間や、または番組中に挿入するCMを「スポットCM」といいます。販促やイベント・キャンペーンの告知などに適しています。CMの本数を増やして短期集中で一気に知名度を高めたり、広告費や放送期間をフレキシブルに調節できるメリットもあります。

タイムCM

番組を指定し、その番組内でCMを流す方法です。毎回同じ番組内でCMが流れるため、狙ったターゲット層に深くイメージを浸透させることができます。番組の人気に応じて安定した視聴率の獲得が期待できます。当社はこのような一般的なテレビ広告制作の他に、テレビ広告と連動する様々な企画を総合的に立案し、お客様のご要望に最適な告知を行っています。

TOP