03-3268-8116
ムサシノ広告社 TOP > コラム > 適切な広告媒体選びと費用について

COLUMN

適切な広告媒体選びと費用について

限られた広告宣伝費でより大きな販促効果や集客効果をあげるためには、適切な媒体選定と的確な予算配分による良質な媒体計画の策定がカギになります。多様な広告媒体は、それぞれ、生活者(ターゲット)に到達するパワー、機能(影響の内容)、コストが異なり、それらの組み合わせの巧拙によ って、広告目的の達成度に大きな開きが出てくるからです。 企業からのメッセージをターゲットに伝えることが購買行動のきっかけとなり、広告・宣伝の効果が発揮され、集客できる広告宣伝として効率良く顧客にアピールすることが可能となります。

適切な媒体選び

適切な媒体選びのポイントは、多岐にわたります。

1. 広告宣伝商品・サービスの種類による選定(消費財/生産財/個人商品/世帯商品/量販品/ブランド品)

2. 対象市場の規模による選定(全国的展開/局地的展開)

3. ターゲットの種類と幅による選定(例:成人男女全般なのか?20代OL限定なのか?)

4. 市場位置による選定(導入期/成長期/成熟期)

5. 広告目的による選定(知名向上/内容理解/ブランディング/販売促進)等

例えば、「新商品の、カップラーメンを、全国規模で、性・年齢を問わず幅広い層に、商品名を繰り返しアピールしたい」といったケースでは、映像と音声のダイナミックな表現を広範囲に繰り返し到達させることができるテレビスポットが最も有効で経済的な媒体手段になるでしょう。 また、「首都圏の、主要な駅ビルでチェーン展開しているフットマッサージ サロンが、20代30代のOLを対象に、期間割引キャンペーンを告知して集客したい」といったケースでは、都市生活者に対する販促媒体として交通広告が最も有効な手段になるでしょう。 さらには、一般的には、複数の広告媒体やヴィークル(媒体の細かい手段)を組み合わせ、生活者(ターゲット)の日常のタッチポイントに多角的に情報を配置して相乗効果をあげることも重要です。

広告宣伝費の目安

告宣伝費は、「媒体選び」と表裏一体のものです。制作費を含めて大規模な予算を必要とするテレビ広告から、比較的安価に広告投資が出来るニッチな媒体まで、様々な選択によって投資金額は大きく変動します。 一方、売上高に対するコストのかけ方も様々ですが、対売上高・広告宣伝費比率を計算すると、「自動車」「家電」「流通」などで1%~2%程度、「飲料」で3%~5%程度、「トイレタリー商品」で7%前後、「化粧品」で8%~10%程度と、業種(商品・サービス)によって目安に近いものはあります。

広告媒体費表(例)

広告タイプ 広告媒体 費用
交通広告 JR首都圏 中づり 3,800,000円
雑誌広告 anan 4色 1ページ 2,000,000円

※2007年度料金となります。
※価格は全て税抜き価格で表しています。
※詳細は別途お問合せください。

 

以上、ご説明してきましたように、適切な広告計画の策定は、媒体知識・経験・ひらめきに加えて、専門的ノウハウが求められる極めて複雑な作業です。そういう意味で、様々な媒体ミックスの条件下で広告投資額と広告到達効果の因果関係を分析して意思決定の材料にできる弊社のシステムは、非常に有用なツールなのです。どうぞお気軽にご相談ください。

TOP