取扱広告媒体

新聞広告は「信頼」「習慣」

新聞広告は広告媒体の中で最も歴史が古く、長い年月を経て「信頼」と「説得」というゆるぎない価値を創り上げてきたメディアです。

新聞の情報精度の高さが社会的信頼度を生み、それが新聞広告にもつながっています。
また毎朝各家庭に届き、安定的に目に触れる習慣性がより高い広告到達度を生み出します。

新聞広告の特徴

新聞広告は様々なサイズ、掲載エリアが用意されているメディアです。そのスペースをうまく活用し、説明性の高いメッセージ力で読者に訴えます。
当社は全国紙・各県紙に広告を出稿することができます。広告対象の特性を分析し、適切なエリアを選定した提案を行います。

また他メディアに見られない新聞広告の特徴として「臨時もの広告」があります。
謹告、謝罪広告、死亡広告、法定の選挙広告、尋ね人広告、各種公告などがあります。

新聞広告の種類

〇記事下広告
文字通り編集記事の下に用意されている広告枠です。全面広告も記事下広告です。
商品広告や企業広告、サイズが決まっている一面出版広告や人事募集広告、社会面に掲載される臨時もの広告などがあります。

〇小型広告
編集記事内の特定の位置に設定された定型サイズの広告です。
記事中や記事挟み、左右の突出し広告が当てはまります。

〇案内広告
15文字2行を最小単位とする文字組の広告です。
人事募集や不動産取引、興業告知などがあります。

当社は上記のような広告メニューをお客様の目的・ご予算に応じて、的確なメディアプランをご提案致します。